MACQUARIE UNIVERSITY

大学の紹介

大学の沿革と概要

オーストラリアが急成長の時代にあった1960年代に、ニューサウスウェールズ大学およびシドニー大学に加え3校目の高等教育機関として、シドニーにマッコーリー大学が設立されました。1964年に連邦政府によるマッコーリー大学議定書を通過し、その後1967年から実質的に大学として運営が始まりました 。マッコーリーという名称はニューサウスウェールズの重要な総督ラクラン・マッコーリーに因んでいます。
1969年にはマッコーリー経営大学院が設立されました。その後、1990年に高等教育議定書によりSydney College of Advanced Educationの研究機関を吸収し、さらに専門的な大学院教育を進めるようになりました。
マッコーリー大学はオーストラリア大学史上初、女性の学長を輩出した大学としても知られており、常に先駆的な教育を追求している大学でもあります。 言語学・聴覚学は世界的にもトップレベルであり、TESOL(英語教授法)、翻訳・通訳などの専攻にも強い大学です。オーストラリア人にとって最も親しみのある辞書である「マッコーリー辞書」は、本大学から出版されています。

学生およびスタッフ数(2017年度)

全体学生数 40,209名
現地学生数 31,568名
留学生数 8,641名
大学院学生数 10,520名
学部生数 29,700名
アカデミックスタッフ数 3,199名

本サイトはマッコーリー大学公式ホームページの情報をまとめた日本語版のサイトです。
ICC国際交流委員会はマッコーリー大学から認可を受けた「公式出願窓口」として、同大学に留学を希望する方へ留学相談、出願受付、渡航準備に関するアドバイスを無料で行っています。

サイトマップ

ICC国際交流委員会は、Macquarie Universityの許可を得て日本語情報サイトの運営をしています。
ICCは日本におけるMacquarie Universityの正規出願窓口として、サイト運営の他、Macquarie Universityへの留学 希望者に対して、留学カウンセリング、入学手続きを全て無料で提供しています。
このサイトは大学サイトに掲載された内容を抜粋して作られていますが、一部の情報は日本人学生向けにさらに詳しく紹介しています。

ICC国際交流委員会
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階
株式会社 ICCコンサルタンツ ※2016年3月1日より社名が株式会社テンプ総合研究所から変更となりました。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 / 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員